精密機械部品製作とは?

最先端技術を要する分野である、油圧部品、情報通信関連部品、航空機部品、医療関連、ロボット、ロケット、衛星通信等キーパーツなどの高精度な精密機器部品をオーダーメイドから中量量産まで製作しています。
お客様の要望を的確に把握することに努め、それに基づく加工手順書、品質保証計画書(QAP)を作成し、製造・検査方法を明文化、およびトレーサビリティの確保に忠実に取り組んでいます。

設備・精密加工技術

前田精密製作所では、100年以上に渡って培ってきたミクロン単位を安定して実現する精密加工技術・ノウハウと、最先端の加工機を駆使しています。各種加工機の性能を引出すとともに、熟練した作業者の技術や手腕を必要に応じて複合的に取り入れることで、精密小型部品の求められる精度と品質を実現しています。寸法公差は勿論、各種幾何公差もミクロンオーダーで加工いたします。

小型精密部品加工、高精度精密旋盤での切削加工

各種CNC旋盤をはじめ、スイスのシャブリン(SCHAUBLIN)社製の精密旋盤など、大小様々なワークに対応するため各種多様の旋盤加工機を保有しています。

マシニングセンター加工

横型、立形、5軸制御のマシニングセンター、汎用フライスまで多様な加工機を保有しています。
横形マシニングセンターでのアルミ高速切削、5軸マシニングセンターでの複雑形状の切削加工、特殊な加工、およびAPC装置(自動パレット交換装置)を併用しての量産加工まで幅広く対応できます。

研削加工

最終的な製品精度や面粗度を実現するための、円筒研削盤・平面研削盤・ネジ研削盤など研削装置も多数取り揃えています。

仕上げ

前田精密製作所では、製品サイズが比較的小さいことから、製造部門、仕上げ部門、検査部門、ともに高倍率の顕微鏡を備え、これを用いて仕上・検査を行っています。例えば直径が1mm未満の小さな穴などは、有害なバリやカエリを肉眼で目視することは困難です。

設備

5軸マシニングセンタやNC旋盤、ホブ歯切盤、歯車形削盤、平面研削盤、内径研削盤、ワイヤ放電加工機など100台以上の加工機を保有しております。

設備・対応加工紹介
https://maeda-mss.com/equipment/

品質マネジメントシステム

ISO 9001に、航空・宇宙及び防衛分野の組織に対する要求事項が追加されたJIS Q 9100認証を取得しています。

対応サイズ

米粒大のサイズから対応いたします。

航空・宇宙産業への取組み

お客様の要求に応えるべく、軽量化の為の薄肉加工、部品一体化の為の複雑形状加工、耐熱箇所の難加工材加工などに取り組んでいます。高精度加工部品(航空計器部品)では、穴の精度0.005mm、同芯度・直角度0.005以内の部品も制作しています。

3次元CAD・CAMによる精密部品加工・精密組立までの一貫作業

2D・3DのCADデータとCAMを連携させることで、製品製作の効率を向上させています。
従来の2D図面では表現が困難な3次曲面を持つ部品の製作も、CADデータからの製作が可能となっています。

精密加工ノウハウのデータベース化

当社の永年に渡る精密加工ノウハウのデータベース化しています。過去の膨大なデータから加工方法の選定ができ、工程設計の負荷を低減しています。加工時間の短縮と製品の高品質化を実現しています。

熱処理・表面処理

表面改質などを目的とした熱処理、表面処理にも、協力会社と連携することで対応しています。

精密小型歯車製作・歯車機構製作

モジュール m=0.08~5.0の各種歯車を作成可能です。平歯車、ヘリカルギア、内歯車、傘歯車類、ウォーム・ウォームホイール、ラックギア等、その他オーダーメイド歯車を製作。

精密機械部品製作

情報通信関連部品、航空機部品、油圧部品、医療、ロボット、ロケット、衛星通信等キーパーツなどの高精度な精密機器部品を製作。オーダーメイドから中量量産まで対応。

精密機械組立・製品開発支援

精密歯車・精密部品の製作から、精密組立まで一貫して対応。精密組立室も備え、ロボット、医療器具など各種精密組立を実施中。