1901年(明治34年)4月 初代 前田松次 前田時計工業を神戸市兵庫区浜崎通にて創業
1910年(明治43年) 時計(ウォッチ・クロック)の修理・改造を業とする
1921年(大正10年)4月 神戸在の企業より小型歯車・小型部品の受注
1930年(昭和5年) 前田蓄音機工場に改組 自家製ポータブル蓄音機を製造・販売
合名会社に改組
1933年(昭和8年)3月 通信機器部品の製作を行う
1945年(昭和20年)1月 前田治雄 2代目を継ぐ
1945年(昭和20年)3月 戦災により工場閉鎖
1947年(昭和22年)3月 現本社 神戸市中央区に工場再開
1954年(昭和29年)5月 株式を組織し、株式会社 前田精密製作所 と成る 
1955年(昭和30年)11月 前田豊三郎 3代目を継ぐ
1959年(昭和34年)10月 工場を神戸市垂水区塩屋町に移転し生産増強する
1961年(昭和36年) 塩屋工場第一号棟建設 生産増強する
1974年(昭和49年)4月 兵庫県宍粟郡(現 姫路市)安富町に工場用地を購入する
1982年(昭和57年) 安富工場建設 マシニングセンターを設置し生産増強する
1986年(昭和61年) 塩屋工場第二号棟建設 生産増強する
1990年(平成2年) 3次元CAD・CAMを導入する
1991年(平成3年) 安富工場に高速マシニングセンターを導入する
1997年(平成9年) 塩屋工場に歯車棟を建設し歯車生産の増強する
安富工場にCNC3次元測定器を設置
神戸発すぐれた技術に認定される(神戸市産業振興財団)
2005年(平成17年)2月 ISO 9001:2000認証取得し、顧客満足を第一に考える
2006年(平成18年)3月 安富工場第二号棟建設 生産増強する
2009年(平成21年)6月 神戸環境マネジメントシステム(KEMS)ステップ1を取得
2010年(平成22年)6月 前田正 4代目を継ぐ
2011年(平成23年)10月 5軸制御立形マシニングセンターを導入する
2015年(成27年)5月 JIS Q 9100:2009 (航空宇宙分野品質マネジメントシステム)認証取得
2017年(平成29年) 塩屋工場に精密測定室を設置
2018年(平成30年) ISO9001:2015及びJIS Q 9100:2016への移行完了
2018年(平成30年)5月 「ひょうご仕事と生活の調和」推進企業を宣言
2019年(令和元年)10月 「事業継続力強化計画」が経済産業大臣殿により認定
2019年(令和元年)11月 「SECURITY ACTION」 二つ星を宣言する
2020年(令和2年)3月 「兵庫成長期待企業」として公益財団法人ひょうご産業活性化センターにより選定